Ebook PDF Search Engine
Home | PDF Viewer | PDF Toolbar | About PDF
Nyuugan
by Yagami Shoko, Ayano

パイ子ちゃんの乳がんブック責任編集:Ayano*イラスト:八神祥子第1章 検診を受ける前に、これだけは知っておきたい20人に1人が乳がんになる時代40代で乳がんが急増するピンクリボン運動をご存知ですか?…19第2章 知らないではすまされない、乳がんの正しい知識1㎝以下のうちに見つけよう検診任せではダメしこり、ひきつれ等、代表的な症状を知る乳がんの進行度を表す「ステージ」第3章 自分で見つける、乳がん自己検診はどうやるの?女性ホルモンの影響が大絶対にやっておかなくてはならないこと「見る」「触る」「しぼる」で、見つけよう月に一度はちゃんと触ってみよう胸の面積は意外と広いことを忘れずに「チェリーケア・グローブ」の使い方「触る」の記録ページ「しぼる」の記録ページ大切なのは、毎月続けること30代のあなたに、特に伝えておきたいこと第4章 胸にしこりを感じたら、悩まず今すぐ病院へしこり=がん、とは限らない病院選びで間違わないその先生に任せられる?エコー検査を知っていますか?痛いから嫌!? マンモグラフィの重要性マンモグラフィ検査は、病院選びがカギがんの確定には、時間がかかる豊胸手術と乳がん検診第5章 乳がん以外の乳腺の病気乳腺の病気はいろいろある乳腺の病気が起こりやすい年齢表第6章 よりよい治療法を選ぶために進歩している治療法診療の流れを把握しておこう治療方法を知っておこう現在主流の手術方法を知っておく温存? 切除?セカンドオピニオンの受け方手術前・手術後は、誰だって不安第7章 乳がんリスクを減らす方法予防法はないけれどリスクファクターには、減らせないものもある前向きに、明るく生きよう!

by Mori Mutsumi

 46歳で左乳房にがんを発病し全摘手術、術後5年目に左胸リンパ節に再発。抗がん剤、放射線治療の後、再摘出手術を受け、更には甲状腺にも悪性腫瘍が見つかり片方の甲状腺を摘出手術。56歳になる現在もホルモン治療を継続中です。 本書は乳がん再発直後の平成23年1月から平成26年8月にかけて、友人たちに送った100通のメールをまとめたものです。 薬剤や放射線治療の副作用にともなう肉体的・精神的な苦しみ、体調や感情の起伏などをできるだけ詳しく記し、理解してもらいたいとの思いでメールの配信を続けておりました。 計り知れない病の壁を乗り越えるには、心にも体力が必要でした。弱い私の心を支えてくれたのは、携帯電話に綴ったこれら100通のメールだったのです。 入院病棟での患者さんたちとの交流、東日本大震災の体験、大きな救いとなった折り紙製作やコーラスの楽しみ、夫の転勤先だった名古屋での生活、大好きな猫たちとのふれあいなども織り交ぜています。 私の体験が、乳がん治療に臨んでいる方々に少しでも参考になれば幸いです。著者プロフィール 1960年仙台市生まれ。宮城学院女子短期大学卒業。保育士、日本折紙協会会員

Home | About Us | Terms and Conditions | DMCA | Contact Us | Link to Us
© 2009-2017 Ebook PDF Search Engine