Ebook PDF Search Engine
Home | PDF Viewer | PDF Toolbar | About PDF
Zenshyuu
by Natume Souseki

 本書は夏目漱石のほぼ全作品を収録した電子書籍の決定版です。単に夏目漱石の作品をKindleで読めるようにしただけではなく、より使いやすく読みやすくするために配慮しています。●ちくま文庫版『夏目漱石全集』に準拠、全124作品を収録 作品を単に一冊の電子書籍にまとめるだけでなく、紙の書籍と同じような読了感を得てもらうために、全体の構成をちくま文庫版『夏目漱石全集(全十巻)』に準拠しました。一冊の電子書籍ではなく十冊の本からなる電子書籍です。それぞれの書籍には表紙を付けてあります。またちくま文庫版そのままではなく、関連する文章、たとえば『吾輩は猫である』には「上篇自序」「中篇自序」「下篇自序」「猫の広告文」を本文の最後に追加しています。 ちくま文庫版にはない作品は第十一巻にまとめて収録しています。ここには青空文庫未収録の作品が二一編収録してあります。第十一巻は分かる限り執筆もしくは発表年代順に並べています。また旧仮名や旧字の別バージョンがある作品は第十二巻に収録してあります(全五編)。 またそれぞれの作品のタイトルは実際の書籍と同じようにするために、作品のタイトルに1ページを割いて、タイトルはページのセンターに配置してあります。●青空文庫にない「客観描写と印象描写」や「坪内博士とハムレット」も収録 本書には青空文庫にはない作品も掲載しました。夏目漱石を知る上でぜひとも読んでいただきたい青空文庫未収録の作品です。収録作は・人生・批評家の立場・人工的感興・文章一口話・滑稽文学の将来・家庭と文学・近作小説二三について・独歩氏の作に低徊趣味あり・何故に小説を書くか・文学雑話・日英博覧会の美術品・夏・「夢のごとし」を読む・客観描写と印象描写・草平氏の論文について・鑑賞の統一と独立・好悪と優劣・博士問題・坪内博士とハムレット・つり鐘の好きな人・文体の一長一短で、合わせて二一作品あります。すべて第十一巻に収録しています。●iPhone用目次を追加 Kindle用電子書籍の目次は二種類あります。一つはKindle PaperwhiteやKindle FireなどのKindleデバイスで表示される目次です。もう一つはepub3で決められた目次で、iPhoneで目次をメニューに表示させるにはepub3の目次が必要です。本書ではそれぞれの作品にアクセスしやすくするために、iPhoneのメニューから書籍の巻頭と作品のタイトルを開けるようにしています。iPhoneのKindleをお使いの場合、メニューをスクロールするだけで、読みたい作品に簡単にアクセスできます。●主要作品を発表年代順のリスト 夏目漱石の代表作を発表順に並べてそのリストから作品のタイトルページにページジャンプできます。代表作を発表順に読みたい場合にご利用ください。作品の紹介がWikipediaにある場合はそのWebリンクも用意してあります(Kindleアプリの内部ブラウザでWikipediaのページが開きます)。一九〇五年(明治三八年)  一月 「吾輩は猫である」を『ホトトギス』に発表(翌年八月まで断続連載)。[Wikipedia]  一月 「倫敦塔」を『帝国文学』に発表。[Wikipedia]  四月 「幻影の盾」を『ホトトギス』に発表。  七月 「琴のそら音」を『七人』に発表。[Wikipedia]  九月 「一夜」を『中央公論』発表。[Wikipedia]  九月 「薤露行」を『中央公論』発表。一九〇六年(明治三九年)  一月 「趣味の遺伝」を『帝国文学』に発表。[Wikipedia]  四月 「坊っちゃん」を『ホトトギス』に発表。[Wikipedia]  九月 「草枕」を『新小説』発表。[Wikipedia] 一〇月 「二百十日」を『中央公論』に発表。[Wikipedia]一九〇七年(明治四〇年)   一月 「野分」を『ホトトギス』に発表。[Wikipedia]  六月 「虞美人草」を朝日新聞に連載( - 一〇月)。[Wikipedia]一九〇八年(明治四一年)   一月 「坑夫」『朝日新聞』に連載( - 四月)。[Wikipedia]  六月 「文鳥」を朝日新聞に連載。[Wikipedia]  七月 「夢十夜」を朝日新聞に連載( - 八月)。[Wikipedia]  九月 「三四郎」を朝日新聞に連載( - 一二月)。[Wikipedia]一九〇九年(明治四二年)  一月 「永日小品」を『朝日新聞』に連載( - 三月)。[Wikipedia]  六月 「それから」を『朝日新聞』に連載( - 一〇月)。[Wikipedia]  一〇月 「満韓ところどころ」を『朝日新聞』に連載( - 一二月)。[Wikipedia]一九一〇年(明治四三年)   三月 「門」を『朝日新聞』に連載( - 六月)。[Wikipedia]一九一二年(明治四五年)  一月 「彼岸過迄」を『朝日新聞』に連載( - 四月)。[Wikipedia]一九一二年(大正一年)   一月 「行人」を『朝日新聞』に連載( - 一九一三年一一月)。[Wikipedia]一九一四年(大正三年)  四月 「こゝろ」を朝日新聞に連載( - 八月)。[Wikipedia] 一一月 「私の個人主義」を学習院輔仁会で講演。一九一五年(大正四年)   一月 「硝子戸の中」を朝日新聞に連載( - 二月)。[Wikipedia]  六月 「道草」を朝日新聞に連載( - 九月)。[Wikipedia]一九一六年(大正五年)   五月 「明暗」を朝日新聞に連載( - ...

by Akutagawa Ryunosuke

 本書は芥川龍之介の代表作を収録した電子書籍の決定版です。単に芥川龍之介の代表作品をKindleで読めるようにしただけではなく、より使いやすく読みやすくするために配慮しています。●ちくま文庫版『芥川龍之介全集』に準拠 作品を単に一冊の電子書籍にまとめるだけでなく、紙の書籍と同じような読了感を得てもらうために、全体の構成をちくま文庫版『芥川龍之介全集(全八巻)』に準拠しました。一冊の電子書籍ではなく八冊の本からなる電子書籍です。それぞれの書籍には表紙を付けてあります。 あくまで準拠ですので、ちくま文庫版『芥川龍之介全集』とまったく同じではありません。仮名遣いの違いもありますが、ほぼおなじ作品を収録しています。●青空文庫にない「支那游記」も収録 収録作品はちくま文庫版『芥川龍之介全集』に準拠して構成してあります。本書には青空文庫にはない「支那游記」も掲載しています。芥川龍之介が大正十年に中国を訪問して書いた紀行文です。底本テキストに沿ってテキスト化しています。 本書の構成は次のようになってます。・芥川龍之介全集 1老年/青年と死/ひょっとこ/仙人/羅生門/鼻/孤独地獄/父/虱/酒虫/野呂松人形/芋粥/猿/手巾/煙草と悪魔/煙管/MENSURA ZOILI/運/尾形了斎覚え書/道祖問答/忠義/貉/世之助の話/偸盗/さまよえる猶太人/二つの手紙・芥川龍之介全集 2或日の大石内蔵助/片恋/女体/黄粱夢/英雄の器/戯作三昧/西郷隆盛/首が落ちた話/袈裟と盛遠/蜘蛛の糸/地獄変/開化の殺人/奉教人の死/るしへる/枯野抄/邪宗門/毛利先生/犬と笛/あの頃の自分の事/開化の良人・芥川龍之介全集 3 きりしとほろ上人伝/蜜柑/沼地/竜/疑惑/路上/じゅりあの・吉助/妖婆/魔術/葱/鼠小僧次郎吉/舞踏会/尾生の信/秋/黒衣聖母/或敵打の話/女/素戔嗚尊/老いたる素戔嗚尊/南京の基督・芥川龍之介全集 4 杜子春/捨児/影/お律と子等と/秋山図/山鴨/奇怪な再会/アグニの神/妙な話/奇遇/往生絵巻/母/好色/薮の中/俊寛/将軍/神神の微笑/トロッコ/報恩記・芥川龍之介全集 5 仙人/庭/一夕話/六の宮の姫君/魚河岸/お富の貞操/おぎん/百合/三つの宝/雛/猿蟹合戦/二人小町/おしの/保吉の手帳から/白/子供の病気/お時儀/あばばばば/一塊の土/不思議な島/糸女覚え書/三右衛門の罪/伝吉の敵打ち/金将軍/第四の夫から/或恋愛小説/文章/寒さ/少年/文放古/桃太郎/十円札/大導寺信輔の半生/早春/馬の脚/春・芥川龍之介全集 6 温泉だより/海のほとり/尼提/死後/湖南の扇/年末の一日/カルメン/三つのなぜ/春の夜/点鬼簿/悠々荘/彼/彼第二/玄鶴山房/蜃気楼/河童/誘惑/浅草公園/たね子の憂鬱/古千屋/冬/手紙/三つの窓/歯車/闇中問答/夢/或阿呆の一生・芥川龍之介全集 7 芸術その他/僻見/文部省の仮名遣改定案について/侏儒の言葉/文芸的な、余りに文芸的な/続文芸的な、余りに文芸的な/小説作法十則/十本の針/西方の人/続西方の人/芭蕉雑記/続芭蕉雑記・芥川龍之介全集 8支那游記(「支那游記」自序/上海游記/江南游記/長江游記/北京日記抄/雑信一束)/松江印象記/軍艦金剛航海記/槍ヶ嶽紀行/槍が岳に登った記/東北・北海道・新潟/田端日記/京都日記●iPhone用目次を追加 Kindle用電子書籍の目次は二種類あります。一つはKindle PaperwhiteやKindle FireなどのKindleデバイスで表示される目次です。もう一つはepub3で決められた目次で、iPhoneで目次をメニューに表示させるにはepub3の目次が必要です。本書ではそれぞれの作品にアクセスしやすくするために、iPhoneのメニューから目次ページにアクセスできるようにしています。iPhoneのKindleをお使いの場合、メニューから簡単に目次ページにアクセスできます。●主要作品を発表年代順のリスト 芥川龍之介の代表作を発表年代順に並べたもです。作品名をタップするとタイトルページが開きます。代表作を発表順に読みたい場合にご利用ください。また王朝物と切支丹物を選択してお読みいただくこともできます。作品がWikipediaにある場合はそのリンクも用意してあります。 ・一九一四年(大正三年)五月「老年」を『新思潮』に発表。・一九一五年(大正四年)一一月「羅生門」を『帝国文学』に発表。王朝物[Wikipedia]一九一六年(大正五年)二月「鼻」を『新思潮』に発表。王朝物[Wikipedia]八月「仙人」『新思潮』に発表。九月「芋粥」を『新小説』に発表。王朝物[Wikipedia]一〇月「手巾」を『中央公論』に発表。[Wikipedia]一一月「煙草と悪魔」を『新思潮』に発表。切支丹物[Wikipedia]・一九一七年(大正六年)一月「運」『文学世界』に発表。王朝物[Wikipedia]四月「道祖問答」王朝物四月・六月「偸盗」王朝物六月「さまよえる猶太人」を『新潮』に発表一一月「戯作三昧」を『大阪日日新聞』に発表。・一九一八年(大正七年)七月「蜘蛛の糸」『赤い鳥』創刊号に発表。[Wikipedia]「地獄変」を『大阪日日新聞』に発表。王朝物[Wikipedia]一〇月「邪宗門」を『大阪日日新聞』に発表。王朝物[Wikipedia]九月「奉教人の死」を『三田文学』に発表。切支丹物[Wikipedia]一〇月「枯野抄」を『新小説』に発表。一一月「るしへる」を『雄弁』に発表。切支丹物・一九一九年(大正八年)一月「犬と笛」を『赤い鳥』に発表。( - 二月)[Wikipedia]三月「きりしとほろ上人伝」を『新小説』に発表。切支丹物(・五月)[Wikipedia]一月「魔術」を『赤い鳥』に発表。[Wikipedia]五月「蜜柑」を『新潮』に発表。[Wikipedia]・一九二〇年(大正九年)一月「舞踏会」を『新潮』に発表。[Wikipedia]四月「秋」を『中央公論』に発表。[Wikipedia]七月「南京の基督」を『中央公論』に発表。切支丹物[Wikipedia]七月「杜子春」を『赤い鳥』に発表。[Wikipedia]・一九二一年(大正十年)一月「アグニの神」を『赤い鳥』に発表。( - 二月)[Wikipedia]八月「上海游記」を『大阪毎日新聞』に連載。( - 九月)・一九二二年(大正一一年)一月「藪の中」を『新潮』に発表。王朝物[Wikipedia]一月「神神の微笑」を『新小説』に発表。切支丹物[Wikipedia]一月「将軍」を『改造』に発表。一月「江南游記」を『大阪毎日新聞』に連載( - 二月)。二月「三つの宝」を『良婦之友』に発表。[Wikipedia]三月「トロッコ」を『大観』に発表。[Wikipedia]四月「報恩記」を『中央公論』に発表。切支丹物[Wikipedia]八月「魚河岸」を『婦人公論』に発表。八月「六の宮の姫君」を『表現』に発表。王朝物九月「おぎん」を『中央公論』に発表。切支丹物[Wikipedia]・一九二三年(大正一二年)一月「侏儒の言葉」を『文藝春秋』に発表( - 一九二五年一一月)。[Wikipedia]一月「漱石山房の冬」を『サンデー毎日』に発表。[Wikipedia]三月「雛」『中央公論』に発表。三月「猿蟹合戦」を『婦人公論』に発表。四月「おしの」を『中央公論』に発表。切支丹物五月「保吉の手帳から」を『改造』に発表。一二月「あばばばば」『中央公論』に発表。[Wikipedia]発表年代順のリスト続きは本書でご覧下さい。●JIS X2013に含まれない漢字はすべて画像化 本文中にはJIS X2013以外の漢字やユニコードにも存在しない漢字があります。それらの漢字は作字して画像として埋め込んでいます。外字にはユニコードに含まれていてもJIS X2013には用意されていない字形もありますが、それらの文字はiPhoneで表示すると、強制的にゴシック体に置き換えられてしまいます。本書ではそれらも含めてJIS X2013に存在しない漢字はすべて明朝体の外字として表示されますので、明朝体のままお読みいただけます。*ご指摘の「ひょっとこ」「仙人」は修正いたしました。

Home | About Us | Terms and Conditions | DMCA | Contact Us | Link to Us
© 2009-2017 Ebook PDF Search Engine